肌が弱くても脱毛できますか?

女性なら誰しもが気にするムダ毛。今では脱毛サロンやエステサロン、クリニックなど、脱毛ができる場所が増えてきましたよね。価格も以前と比べ低価格になったので「脱毛してみたい!」と考えている人は多いのではないでしょうか。
しかし、肌が弱い方は「脱毛したいけど心配…」とためらっている人もいると思います。

しかし、肌が弱い人は脱毛するよりも、おうちでの自己処理のほうが肌に負担がかかるので気をつけなければなりません。
カミソリや毛抜きを使った自己処理は、肌を傷つけてしまったり、埋没毛になったり、黒ずみや色素沈着など肌トラブルを起こすことがあります。
肌の弱い人は自己処理を続けることで肌に刺激を与えて負担がかかってしまうので、自己処理をやめて脱毛サロンやクリニックなどでプロに脱毛してもらうほうが安心です。

以前主流だったニードル脱毛は、針を一本一本の毛穴に刺し、直接電気を流して毛母細胞を破壊して脱毛するというもので、脱毛効果は非常に高いのですが、痛みが強くて肌トラブルをおこすこともありました。
しかし、最近主流の光脱毛や医療レーザー脱毛は、一気に広範囲の脱毛ができ、ニードル脱毛と比べると痛みも少なく、肌トラブルをおこすことも少なくなりました。
脱毛完了すれば、自己処理は不要になるので肌への負担がなくなります。肌の弱い方ほど脱毛することがオススメなのです!

エステサロンや脱毛サロンなどの光脱毛は肌にやさしく、低出力で照射して脱毛します。エステサロンや脱毛サロンは医療機関ではないため、肌トラブルが起きてしまった時のために医療提携しているサロンを選ぶと安心です。
クリニックなどの医療機関で行なっているレーザー脱毛は脱毛効果が高いため少ない回数で脱毛完了できます。
医師が肌の状態を診断してから施術してくれるので安心です。

アトピーや肌荒れなど、状態が悪化している時には脱毛を断られる場合があります。かかりつけの病院がある人はサロンに行く前に、脱毛に通っても大丈夫かどうかを確認してからサロンへ行くと安心ですよ。

脱毛カウンセリングの時に「肌が弱い」ということをしっかり伝え、万が一肌トラブルが起きた場合の対処法や、どう対応してくれるのかを聞いておくと安心です。
肌に負担のかかる自己処理をやめ、安心・安全な脱毛をしてみませんか?

公式サイト ミュゼプラチナム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする